手作り結婚指輪の素材とデザイン | 手作り結婚指輪デザインガイド

HOME » 手作り指輪デザインガイド » 手作り結婚指輪の素材とデザイン

手作り結婚指輪の素材とデザイン

手作り結婚指輪の定番素材とも言えるプラチナは、酸やアルカリなどの成分にも強く、変色や腐食が進みにくいというメリットがあるとても強固な素材です。
加えてプラチナは長い間身に着けていても傷つきにくい、とても丈夫な素材でもあります。
そのため一生を共にすることになる結婚指輪にするには最もおすすめの素材だと言えます。
プラチナには上品な光沢があり、そのものの素材自体が美しいため、できるだけシンプルなデザインで作ることをおすすめします。
人気のプラチナデザインをご紹介します。

1個性のあるラインを作る
S字や美しい斜めのラインに人気があるようです。
特に女性の指には、少し曲線が入った指輪だと指が華奢に見える等の嬉しい効果があります。
自分の指にフィットするラインの指輪なんて手作り結婚指輪ならではのデザインですね。

2模様を作って個性を出す
二人に共通のアイテムやイニシャルなどを二つの指輪に分かれるように配置します。
二つの指輪を重ね合わせて初めてその形状が解るように作ることでかけがえのない二人をイメージすることができます。

3宝石を使う
ダイヤや誕生石を埋め込みます。
石の配置や大きさ、色などを自分たちで決めることでさらにオリジナリティが増すことでしょう。

その他、最近ではゴールド、ホワイトゴールド、ピンクゴールドなどの素材を使った手作り結婚指輪も話題です。
プラチナ素材を使ったシンプルなものよりも、おしゃれ度、カジュアル感が増すのでファッションにこだわりのあるカップルにとても人気です。
プラチナで作る手作り結婚指輪はどちらかというとファッションの邪魔にならないような印象ですが、ゴールドやピンクゴールド等はむしろファッションのワンポイントになるような印象が期待できます。
加工がしやすいので凝ったデザインも可能です。
他の人と差をつけたいならこのように素材を変えてみるのもいいかと思います。
光沢やオーラなど、素材によってさまざまでしょう。
ただし前述したように、ゴールド、ホワイトゴールド、ピンクゴールドなどはプラチナに比べて柔らかいので傷がつきやすいというデメリットもお忘れなく。