結婚指輪の幅は「3mm」が最適? | 手作り結婚指輪デザインガイド

HOME » 手作り指輪デザインガイド » 結婚指輪の幅は「3mm」が最適?

結婚指輪の幅は「3mm」が最適?

結婚指輪のリング最適の幅は?

結婚指輪は、デザインや大きさ、リングの幅で、その人の指の印象が少し違って見えたりします。
例えば、リングの幅が細い指輪になると指が長く見える傾向があり、幅が太い指輪になると指が細く見えます。
指輪の効果で指を綺麗に見せるためには、ちょうどいいバランスの指輪をオーダーすることが大事です。

女性が身に着ける結婚指輪のリング幅

女性の指をより綺麗に見せるには、指輪のリング幅にこだわる必要があります。
大体の平均は、2.5mmから3mmほどで、このぐらいが指をスラっと長く見せてくれます。
これが3.5mmになると、少し幅が広すぎるように感じるかもしれません。
ただ、好みの問題もありますので、色んな指輪を試着してみて好みのサイズを確認しておくといいでしょう。

男性が身に着ける結婚指輪のリング幅

男性の場合は、女性よりも幅を広めにオーダーすることが多いです。
大体3.5~4mm幅が日本人の指の平均ではないでしょうか。
余り幅が広すぎると装着感が悪くなります。
ただ、男性でもその人の好みによって細い指輪を身に着ける人もいます。
この辺りは個人の好み次第だといえるでしょう。

2mm以下の指輪はNG

指輪のリング幅が2mm以下になると、リングが変形したり折れたりしやすくなります。
荷物を持った時なんかによく折れることがあるので、指輪をオーダーメイドする時には、それ以上の幅にした方がいいでしょう。
2.5mm幅以上になると、変形しにくく耐久度があります。

手作り指輪で結婚指輪を作る方法

最近人気なのが、お店で手作り指輪を自分たちで作ることです。
既製品の指輪じゃなくて、自分たちの思いを込めた指輪を作りたいと考えているカップルにぴったりです。
この手作り指輪のサービスは、デートプランとしても最適で、20代前半から40代後半の人まで、幅広い年代の人がサービスを利用しています。
利用するには事前に予約が必要なお店が多いので、ホームページ等で確認して予約をしてみるといいでしょう。