手作り指輪デザインガイド についての記事一覧 | ページ 2 / 2 | 手作り結婚指輪デザインガイド

HOME » 手作り指輪デザインガイド

手作り指輪デザインガイド

手作り結婚指輪のゴールドデザイン

まずゴールドの特徴といえば、変質、変色しにくい素材であるということです。
金が75%含まれているK18は輝きを長く保つことができます。
ゴールドには他にイエローゴールド、ホワイトゴールド、ピンクゴールドと種類がありますが、ホワイトゴールドはプラチナと比べて生産量が多いのでプラチナを使用したそれよりも、求めやすい価格になる場合があります。
従って宝石を付けるなら、よりグレードの高いものを選ぶことができるかもしれません。
≫ 『手作り結婚指輪のゴールドデザイン』

手作り結婚指輪のプラチナデザイン

プラチナが手作り結婚指輪の素材としてよく使われるのは、プラチナの白く美しい色や希少性が一生の愛を誓うシーンに贈るものとしてふさわしいとされたからだと言われています。
またプラチナはダイヤモンドとの相性が良く、細工がしやすいのでダイヤモンドをしっかり留めることができるという点でも手作り結婚指輪にプラチナが多用される理由とされています。
≫ 『手作り結婚指輪のプラチナデザイン』

手作り結婚指輪の素材とデザイン

手作り結婚指輪の定番素材とも言えるプラチナは、酸やアルカリなどの成分にも強く、変色や腐食が進みにくいというメリットがあるとても強固な素材です。
加えてプラチナは長い間身に着けていても傷つきにくい、とても丈夫な素材でもあります。
そのため一生を共にすることになる結婚指輪にするには最もおすすめの素材だと言えます。
プラチナには上品な光沢があり、そのものの素材自体が美しいため、できるだけシンプルなデザインで作ることをおすすめします。
人気のプラチナデザインをご紹介します。
≫ 『手作り結婚指輪の素材とデザイン』

手作り結婚指輪の素材の選び方

手作り結婚指輪を選ぶ際、迷うポイントの一つがまず、指輪の素材です。
素材によって変質や変色のしやすさ、硬さの違い等があります。
一生をかけて使うものだからこそ、しっかりと素材の違いを知ったうえで選びたいものです。
また、金属アレルギーをお持ちの方はより慎重な素材の選び方が大事になってきます。
≫ 『手作り結婚指輪の素材の選び方』

手作り結婚指輪のデザイン・ロングライフ

手作り結婚指輪のロングライフのデザインとは、直訳すると、長い寿命のデザイン、つまり飽きのこないデザインを指します。
流行に左右されない、シンプルなものは、飽きが来ないので長い期間使えるものが多いです。
また、ロングライフのデザインはシンプルで普遍的であるために、あまり主張の強くないデザインになります。
従って周囲の他のデザインと合わせやすいという傾向にあります。
良く言わなければ、控えめでおとなしいだけのデザインと言えるかもしれません。
しかし、その落ち着いたデザインが日常のシーンにあるだけでとても心地よいのです。
≫ 『手作り結婚指輪のデザイン・ロングライフ』

手作り結婚指輪のデザイン・女性

女性向けの手作り結婚指輪は男性のそれと比べてデザインや種類が豊富に取り揃えられています。
そのため、ついいろいろと目移りしてしまい、指輪選びが難航してしまう場合があります。
お二人でペアにされるか、別々のデザインにするか、どちらの場合でも最初に大まかなイメージを作っておくことが手作り結婚指輪選びをスムーズに進めていけるポイントになるといえるでしょう。
ここでは女性向けのデザインを6つご紹介します。
≫ 『手作り結婚指輪のデザイン・女性』

手作り結婚指輪のデザイン・シンプル

手作り結婚指輪のデザインはそのカップルの個性に合わせて、様々なパターンが選べます。
たくさんありすぎて、どれにしようか迷ってしまう人もいるかと思います。
ここでは、そんな迷える方々に、広く選ばれているシンプルなデザインをご紹介しようと思います。
≫ 『手作り結婚指輪のデザイン・シンプル』

手作り結婚指輪のデザイン

手作り結婚指輪のデザインにはこうだという様な決まりはないので、二人のこだわりを自由にデザインすることができます。
おおまかに言っても手作り結婚指輪のデザインには、ストレートやS字、V字等、いろいろなデザインがあります。
下記は、よく使われるものをまとめてみました。
≫ 『手作り結婚指輪のデザイン』